2017年6月19日月曜日

170619_落石ネイチャークルーズ_AM便

【落石ネイチャークルーズ_AM便で見られた野鳥】


本日も香港のお客様17名と日本人5名。2隻満員でのクルーズ。
昨日より霧は薄かったですが、うねりが少々。
香港からの方たちは、海鳥はもちろんのこと出港前の漁港での
スズガモやカッコウでも喜ばれていました。
やはり来られる地域に合わせた心づもり準備が必要だと勉強になりました。

エトピリカ  (4)
ウミガラス  (1)
ケイマフリ
ウミスズメ  (10)
ウトウ
フルマカモメ  (5)
オジロワシ
スズガモ
オオハム
シロエリオオハム
ヒメウ
ウミウ
アマツバメ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ハクセキレイ
ラッコ
キタオットセイと思われる2頭

ウミガラス <Common Guillemot>

ウミスズメ <Ancient Murrelet>

2017年6月18日日曜日

170618_落石ネイチャークルーズ_AM便

【落石ネイチャークルーズ_AM便で見られた野鳥】


香港のお客様17名と日本人5名。2隻でのクルーズ。
霧で真っ白でしたが、波は穏やかでした。
霧だからかフルマカモメが何回か出て、
エトピリカも何とか見られました。

霧の中のエトピリカ
<Tufted Puffin>

エトピリカ <Tufted Puffin>


























ハシブトウミガラス
ケイマフリ
ウミスズメ
ウトウ
エトピリカ    2羽
フルマカモメ   10羽+
オジロワシ
スズガモ
オオハム
シロエリオオハム
ヒメウ
ウミウ
アマツバメ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ハクセキレイ

ハシブトウミガラス <Brunnich's Guillemot>

香港からお見えのお客様 何とかエトピリカ見ることができました。
明日も乗船してくださる予定! 霧が晴れればいいな。

2017年6月14日水曜日

170613_根室半島一周 ヒキウス沼・納沙布岬ほか

【根室半島一周(ヒキウス沼・納沙布岬ほか)で見られた野鳥】

■根室市ヒキウス沼
スズガモ
タンチョウ  A1
ツツドリ
ショウドウツバメ
シマセンニュウ
コヨシキリ
ノゴマ
ノビタキ
カワラヒワ
ベニマシコ
オオジュリン

ショウドウツバメ <Sand Martin>

ショウドウツバメ <Sand Martin>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

シマセンニュウとコヨシキリ
<Middendorff's Grasshopper Warbler>
<Black-browed Reed Warbler>


































































■根室市納沙布岬
オオハム
ヒメウ
ウミウ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ケイマフリ
ウトウ
納沙布岬ハイドから、ウトウ <Rhinoceros Auklet>

歯舞群島水晶島をバックに、オオハム
<Black-throated Diver>


































■根室半島一周(上記以外)
キジバト
タンチョウ   A2
つがいの1羽には『足環204』が着いていた: 2013年浜中町生まれ雌

この沼周辺には、このほかT25のつがい 99Vのつがいと
ベテランが営巣しているが、どこかすき間を見つけられたのかな

ツツドリ
カッコウ
アマツバメ
オオジシギ
オジロワシ
ヒバリ
ウグイス
センダイムシクイ
シマセンニュウ
コヨシキリ
ノゴマ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
オオジュリン

タンチョウのつがい
つがいの1羽には『足環204』が
2013年浜中町生まれ雌

コヨシキリ
<Black-browed Reed Warbler>

ノビタキ
<Siberian Stonechat>

2017年6月12日月曜日

170612現在_落石ネイチャークルーズ予約状況について

【落石ネイチャークルーズの予約・空き状況のお知らせ】

<2017/6/12現在>

海も陸も夏鳥が勢ぞろいしました。
本格的な夏のバードウォッチングシーズン到来!



















★☆ 予約・催行状況について ☆★ 
6月13日 (火) AM 満員  / PM 残8
6月14日 (水) AM 満員  / PM
6月15日 (木) AM      / PM 残9
6月16日 (金) AM        / PM  満員

6月17日 (土) AM 満員  / PM  残1
6月18日 (日) AM 満員  / PM
6月19日 (月) AM 満員  / PM
6月20日 (火) AM 残9  / PM
6月21日 (水) AM 満員  / PM
6月22日 (木) AM 残4  / PM
6月23日 (金) AM 残3  / PM

6月24日 (土) AM 残4  / PM あと2で運航
6月25日 (日) AM 満員  / PM あと1で運航
6月26日 (月) AM あと1で運航 / PM
6月27日 (火) AM   / PM
6月28日 (水) AM   / PM 残6
6月29日 (木) AM 満員  / PM 残8
6月30日 (金) AM 残6     / PM

7月1日 (土) AM あと2で運航 / PM あと2で運航
7月2日 (日) AM あと1で運航 / PM あと2で運航
7月3日 (月) AM あと1で運航 / PM
7月4日 (火) AM あと1で運航 / PM
7月5日 (水) AM 残3  / PM
7月6日 (木) AM   / PM
7月7日 (金) AM 満員  / PM 残8

7月8日 (土) AM   / PM 残7
7月9日 (日) AM あと1で運航 / PM
7月10日 (月) AM 残7  / PM
7月11日 (火) AM あと1で運航 / PM 残8
7月12日 (水) AM   / PM あと2で運航
7月13日 (木) AM あと1で運航 / PM 満員
7月14日 (金) AM あと2で運航 / PM

7月15日 (土) AM あと2で運航 / PM あと1で運航
7月16日 (日) AM   / PM
7月17日 (月) AM 残8   / PM
7月18日 (火) AM   / PM あと2で運航 
7月19日 (水) AM   / PM
7月20日 (木) AM あと1で運航 / PM
7月21日 (金) AM 満員 / PM

7月22日 (土) AM   / PM
7月23日 (日) AM   / PM
7月24日 (月) AM   / PM 残7
7月25日 (火) AM   / PM
7月26日 (水) AM 満員 / PM
7月27日 (木) AM 残8   / PM
7月28日 (金) AM   / PM

7月29日 (土) AM   / PM

★☆7月30日(日)~8月3日(木) 漁の準備のため全面休航☆★

8月4日 (金) AM   / PM あと1で運航
8月5日 (土) AM   / PM
8月6日 (日) AM 満員 / PM
8月7日 (月) AM   / PM
8月8日 (火) AM   / PM
8月9日 (水) AM   / PM
8月10日 (木) AM あと2で運航  / PM
8月11日 (金) AM   / PM

8月12日 (土) AM 残7 / PM
8月13日 (日) AM   / PM
8月14日 (月) AM   / PM
8月15日 (火) AM   / PM
8月16日 (水) AM   / PM 満員
8月17日 (木) AM   / PM
8月18日 (金) AM   / PM 満員

予約状況をご覧いただき、根室へのバードウォッチング旅行を計画してみてはいかがでしょう!
残定員は日々変化しますので、ご自身で最終確認のうえ、各自お申し込みください。 

ホームページ: http://www.ochiishi-cruising.com/


















<ご予約・お問合せはコチラ>
 落石ネイチャークルーズ協議会エトピリ館: 0153-27-2772

<乗船案内>
 ■完全予約制: 前日の午前中までにご予約下さい。
 ■運 行 日 : 1日2便
 ■運行時間: 午前便: 9:00~11:30
         午後便: 13:00~15:30
  ※天候や漁の状況によって変更になる場合があります
  
 ■料 金 : 大人(中学生以上) 8,000円
        小学生(5年生以上) 5,000円 
 
  ※料金の一部は、「落石うみどり基金」として
   保護・調査研究活動に助成します。
 ■定 員 : 11名 ※乗務員2名で運航します
 ■最少催行人数: 3名


※写真はいずれも過去のものです

2017年6月10日土曜日

170610_根室市 落石・温根沼林道 温根沼

【根室市 落石・温根沼林道 温根沼で見られた野鳥】

夏鳥もほぼそろいました。
野鳥の鳴き声や動きは、日の出前30分ごろが一番にぎやか。
根室の日の出はこの時期 :37!!
ということは、朝3時からがバードウォッチングに適した時間ということが・・・。
観察して一眠りしてから、朝食という感じで計画を・・・。

ベニマシコ <Long-tailed Rose Finch>

餌をくちばしいっぱいに咥えたアカハラ <Brown-headed Thrush>

































キジバト
タンチョウ     1つがい(T61) 亜成鳥6羽(282)
カッコウ
ヤマシギ
オオジシギ
コゲラ
アカゲラ
ハシブトガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ウグイス
エゾムシクイ
センダイムシクイ
シマセンニュウ
コヨシキリ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
トラツグミ
アカハラ
ノゴマ
ルリビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
ウソ
アオジ

オオアカゲラ <White-backed Woodpecker>

ヒガラ <Coal Tit>

ベニマシコ <Long-tailed Rose Finch>

公益財団法人日本野鳥の会 持田野鳥保護区東梅
Wild Bird Society of Japan  Mochida Wild Bird Protection Area Tobai





繁殖つがいがいなくなっても若鳥の生息地として

昨年 風蓮湖生まれの若鳥「足環282」
<Red-crowned Crane>

温根沼とタンチョウのつがい

カラスがタンチョウのカレイのおこぼれを狙っている

タンチョウ
<Red-crowned Crane>
「足環0861 <T61>」
1994年 風蓮湖生まれ ♂































































































































★公益財団法人日本野鳥の会 野鳥保護区について
 http://www.wbsj.org/activity/conservation/bird-reserve/
★タンチョウ保護研究グループ タンチョウの足環について
 http://www6.marimo.or.jp/tancho1213/news20141027hyousiki.html


【そのほかの ねむろの野鳥情報】
5/31: フレシマ
アリスイ、シマセンニュウ、マキノセンニュウ

6/4: 浜松
アリスイ

6/9: 南部沼・桂木
シマセンニュウ、マキノセンニュウ

170610_落石ネイチャークルーズ(AM便)

【落石ネイチャークルーズ_AM便の野鳥情報】

落石ネイチャークルーズのガイドをしてきました。
お客様は5名。沖縄からお越しのご夫妻もいらっしゃいました。
無事、目的のエトピリカも観察でき喜んでいただけました。

エトピリカ <Tufted Puffin>

ウミスズメ <Ancient Murrelet>

































スズガモ
シロエリオオハム
ヒメウ
ウミウ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ケイマフリ
ウミスズメ
ウトウ
エトピリカ
トビ
オジロワシ
アマツバメ

ラッコ
ゼニガタアザラシ

エトピリカ <Tufted Puffin>
ケイマフリ <Spectacled Guillemot>

モユルリ島・ユルリ島
<Moyururi Island / Yururi Island>


2017年6月5日月曜日

170605_落石ネイチャークルーズ予約状況について

【落石ネイチャークルーズの予約・空き状況のお知らせ】

<2017/6/5現在>

5/30 エトピリカやラッコ 観察できているそうです。
    ※ガイドさん情報

エトピリカ <Tufted Puffin>

羽繕いするエトピリカ <Tufted Puffin>































★☆ 予約・催行状況について ☆★ 

6月9日 (金) AM   / PM あと2で運航

6月10日 (土) AM 残6  / PM 満員
6月11日 (日) AM 残6  / PM 残7
6月12日 (月) AM 残6  / PM
6月13日 (火) AM 残1    / PM
6月14日 (水) AM 満員  / PM
6月15日 (木) AM     / PM 残9
6月16日 (金) AM         / PM  満員

6月17日 (土) AM 満員  / PM  残1
6月18日 (日) AM 満員  / PM
6月19日 (月) AM 満員  / PM
6月20日 (火) AM 残9  / PM
6月21日 (水) AM 残1  / PM
6月22日 (木) AM 残4  / PM
6月23日 (金) AM 残3  / PM

6月24日 (土) AM 残3  / PM あと2で運航
6月25日 (日) AM 満員  / PM あと1で運航
6月26日 (月) AM あと1で運航 / PM
6月27日 (火) AM   / PM
6月28日 (水) AM   / PM 残6
6月29日 (木) AM 満員 / PM 残8
6月30日 (金) AM 残8   / PM

7月1日 (土) AM   / PM あと2で運航
7月2日 (日) AM あと1で運航 / PM あと2で運航
7月3日 (月) AM あと1で運航 / PM
7月4日 (火) AM あと1で運航 / PM
7月5日 (水) AM 残3  / PM
7月6日 (木) AM   / PM
7月7日 (金) AM 満員  / PM 残8

7月8日 (土) AM   / PM 残7
7月9日 (日) AM 満員  / PM
7月10日 (月) AM 残7  / PM
7月11日 (火) AM あと1で運航 / PM 残8
7月12日 (水) AM   / PM
7月13日 (木) AM あと2で運航 / PM
7月14日 (金) AM あと2で運航 / PM

7月15日 (土) AM あと2で運航 / PM
7月16日 (日) AM   / PM
7月17日 (月) AM 残8   / PM
7月18日 (火) AM   / PM あと2で運航 
7月19日 (水) AM   / PM
7月20日 (木) AM あと1で運航 / PM
7月21日 (金) AM 満員 / PM

7月22日 (土) AM   / PM
7月23日 (日) AM   / PM
7月24日 (月) AM   / PM
7月25日 (火) AM   / PM
7月26日 (水) AM 満員 / PM
7月27日 (木) AM   / PM
7月28日 (金) AM   / PM

7月29日   (土) AM     / PM

※7月30日(日)~8月3日(木) 漁の準備のため全面休航




ユルリ島 <Yurui Island>






































上記の予約状況をご覧いただき、根室へのバードウォッチング旅行を計画してみてはいかがでしょう!
残定員は日々変化しますので、ご自身で最終確認のうえ、各自お申し込みください。 

ホームページ: http://www.ochiishi-cruising.com/

<ご予約・お問合せはコチラ>
 落石ネイチャークルーズ協議会エトピリ館: 0153-27-2772

<乗船案内>
 ■完全予約制: 前日の午前中までにご予約下さい。
 ■運 行 日 : 1日2便
 ■運行時間: 午前便: 9:00~11:30
        午後便: 13:00~15:30
  ※天候や漁の状況によって変更になる場合があります
  
 ■料 金 : 大人(中学生以上) 8,000円
        小学生(5年生以上) 5,000円 
 
  ※料金の一部は、「落石うみどり基金」として
   保護・調査研究活動に助成します。
 ■定 員 : 11名 ※乗務員2名で運航します
 ■最少催行人数:3名

ケイマフリ <Spectacled Guillemot>

ウトウ <Rhinoceros Auklet>

































※写真はいずれも過去のものです

2017年6月2日金曜日

170531_根室市東梅 自然学習林

【根室市東梅自然学習林周辺で見られた野鳥】

センダイムシクイ <Eastern Crowned Warbler>
※過去の写真


















キジバト
タンチョウ
ツツドリ
オオジシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
トビ
コゲラ
アカゲラ
ハシブトガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ウグイス
エゾムシクイ
センダイムシクイ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
コムクドリ
アカハラ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ

ミソサザイ <Winter Wren>

コムクドリ <Chestnut-cheeked Starling>

タンチョウ <Red-crowned Crane>

170531_根室市花咲港

【根室市花咲港周辺で見られた野鳥】

花咲港にある車石の駐車場周辺では、ノゴマが観察しやすく、
その崖下では、アマツバメがしきりに飛んでいるのが見られます。
「花咲港車石ハイド」からは、ラッコがよく観察されています。

ノゴマ <Siberian Rubythroat>

ラッコ <Sea Otter>

































スズガモ
クロガモ
キジバト
ヒメウ
ウミウ
アマツバメ
オオジシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ケイマフリ
ヒバリ
ノゴマ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ

アマツバメ <Pacific Swift>

クロガモ <Black Scoter>
スズガモ <Greater Scaup>

オオセグロカモメ <Slaty-backed Gull>

花咲港ではラッコがよく見られるようになりました
寒い時は、ハイドの中で出るのを待ってみてはいかがでしょう

ラッコ <Sea Otter>

花咲港車石野鳥観察舎(ハイド)