2016年12月7日水曜日

161207_根室市 春国岱第一砂丘

【根室市 春国岱第一砂丘で見られた野鳥】

報告: 根室自然野鳥観光推進員S.A

11月下旬から出ていたユキホオジロをやっと見に行くことができました。
今日は80羽+ほどの群れでした。先日まで、ハマヒバリも出ていたそうですが
そちらは観察できませんでした。
途中お会いした民宿たかののオーナーと第一砂丘の切れているところまで
往復8kmちょっと歩きました。朝は風が強く寒かったですが、
途中から日差しと風も弱くなり、心地よい散策となりました。

ユキホオジロ ≪Snow Bunting≫

















オオハクチョウ
ヨシガモ
ヒドリガモ
マガモ
オナガガモ
コガモ
スズガモ
ビロードキンクロ
クロガモ
コオリガモ
ホオジロガモ
ウミアイサ
ミミカイツブリ
オオハム
ハマシギ
ユリカモメ
ワシカモメ
シロカモメ
オオセグロカモメ
オジロワシ
カワラヒワ
ハギマシコ
ユキホオジロ 80羽+

ユキホオジロ 80羽ほどの群れに出会えました

ヨシガモ ≪Falcated Duck≫
オオハクチョウ ≪Whooper Swan≫

エゾシカ ≪Ezo deer≫


2016年12月6日火曜日

【NBLF2017】_おまかせガイドツアーコース紹介_①野付半島

【ねむろバードランドフェス おまかせガイドツアー紹介①】

『野付半島バードウォッチングツアー
  ようこそねむろバードランドフェスティバルへ』  コース番号①
  <旅行企画実施:根室交通トラベルサービス>

皆さまのご要望にお応えして、根室中標津空港発の
バードウォッチングツアーです。
羽田便の到着時刻に合わせてツアーがはじまります。
ねむろバードランドフェスティバルに参加される方は、
このプログラムからの参加がおススメです。

















<行程>
  14:20根室中標津空港 ⇒ 野付半島 ⇒ 
    風蓮湖湖岸 ⇒ 18:00メイン会場「ベルクラシック根室」

<定 員>  25名 (最少催行人数10名)

<旅行代金> 2,500円

<期待できる野鳥>
  ユキホオジロ・ハギマシコ・ベニヒワ・オオワシ・オジロワシ・コミミズク
  ビロードキンクロ・コオリガモ・シノリガモ

※ツアー代金には、バス代・野鳥ガイド代が含まれております。
※天候や路面状況により旅程は変更になる場合があります。
※地元ガイドが同行いたします。また添乗員は同行いたしません

<問合せ方法>
〆切は、2017年1月10日(火)まで

チラシとよく確認いただき、添付の問い合わせ用紙に必要事項を記入し、
メールもしくは、FAXでお送りください。
 ●メール: birdinfo@nemuro-kankou.com
 ●FAX : 0153-24-7811


≪そのほかのおまかせガイドツアーについて≫
 http://nemurobirdlandfes.wixsite.com/nblf2017/tour

≪ねむろバードランドフェスティバルについて≫
ホームページで最新情報をご確認ください。
  http://nemurobirdlandfes.wixsite.com/nblf2017

多彩な催し物で皆様のお越しをお待ちしています。









2016年12月4日日曜日

161204_落石ネイチャークルーズ(AM便)

【落石ネイチャークルーズ(AM便)で見られた野鳥】

報告: 根室自然野鳥観光推進員S.A

本日は、ネイチャークルーズのベテランガイドたちが
所用があるということでピンチヒッターでガイドをしてきました。

先週までの時化と違って、少しうねりがあるものの
快晴で光の加減も良く、気温も寒くなく絶好の観察日和でした。
お客様は、日本人4名、デンマーク人1名の計5名。

種名を和名だけでなく英名で言わなければいけないので
船上での写真を撮る余裕なし(焦...)。
ベテランガイドたちは、さすがだなと感じました。

オオハム
シロエリオオハム
ミミカイツブリ
ウミウ
ヒメウ
オオハクチョウ
スズガモ
クロガモ
シノリガモ
コオリガモ
ウミアイサ
トビ
オジロワシ
カモメ
オオセグロカモメ
ウミガラス     3羽
ウミバト      20羽+
ケイマフリ     10羽+
ウミスズメ      20羽+
ウトウ


オオハム ≪Black-throated Diver≫

2016年12月2日金曜日

【ねむろバードランドフェスティバル情報掲載ページ開設!】

【ねむろバードランドフェスティバル情報掲載ページ開設!】


ねむろバードランドフェスティバル2017のイベント内容が
少しずつかたまってきました。まだ工事中のページも多いですが
ご覧いただき、ぜひねむろバードランドフェスティバルへお越しください。

■おまかせガイドツアーの詳細内容もダウンロードできます
 http://nemurobirdlandfes.wixsite.com/nblf2017/tour

⇒すでに受け付けが始まっていますので、
 内容を検討いただき、お問合せ用紙をお送りください。
  ※メールかFAXで受け付けています。
  ※旅行企画実施: 根室交通トラベルサービス
●冬の根室バードウォッチングモニターツアー(2泊3日)
  出発日:2月17日(金)、22日(水)、26日(日)
 も合わせて募集中です。※旅行企画実施: 根室交通トラベルサービス

内容は随時更新していきます。お楽しみに。
不明な点や質問等は、ここにメッセージください。






2016年11月28日月曜日

161128_風蓮湖西部(走古丹・ヤウシュベツほか)

【風蓮湖西部(走古丹・ヤウシュベツほか)の野鳥情報】

報告: 根室自然野鳥観光推進員S.A

春国岱の第一砂丘でユキホオジロが出ているとの
情報があったので対岸の走古丹の様子を見に行ってみた。
残念ながらユキホオジロは見られなかったがハギマシコが
ちらほら観察できた。今年はこのまま湖面が凍るかな?

オオハクチョウ
ヒドリガモ
マガモ
ハシビロガモ
オナガガモ
コガモ
スズガモ
シノリガモ
ビロードキンクロ
クロガモ
コオリガモ
ホオジロガモ
カワアイサ
ウミアイサ
アカエリカイツブリ
ウミウ
タンチョウ
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
ワシカモメ
シロカモメ
オオセグロカモメ
トビ
オジロワシ
オオワシ
ノスリ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ハシブトガラ
ヒガラ
ゴジュウカラ
ツグミ
ハギマシコ

ハギマシコ ≪Asian Rosy Finch≫

カワアイサ ≪Goosander≫

ヤウシュベツ川河口はカワアイサ祭り

カワアイサの群れ ≪Goosander≫

ノスリ ≪Easetern Buzzard≫

コオリガモ ≪Long-tailed Duck≫

ビロードキンクロ ≪White-winged Scoter≫

オオハクチョウ ≪Whooper Swan≫

オオワシ ≪Steller's Sea Eagle≫

シロカモメ ≪Gloucous Gull≫
オオセグロカモメ ≪Slaty-backed Gull≫

農家のついているタンチョウの一部は越冬します
≪Red-crowned Crane≫

エゾシカ ≪Ezo Sika deer≫

ときどき見かけるシマフクロウ

2016年11月27日日曜日

161127_根室半島一周_日本野鳥の会秋味鍋探鳥会

根室半島一周_日本野鳥の会秋味鍋探鳥会


毎年恒例の日本野鳥の会秋味鍋探鳥会に参加してきました。
今年は、学生バードソン2016と同じ日になったため
『日本野鳥の会根室支部Team秋味鍋」として参加しました。
15:30で競技終了し、最終確認種数:44種 
一般部門種数では10チーム中6位

今回は、一般の探鳥会参加者とともに楽しく野鳥を探し、最後は温かいおいしい秋味鍋を食べながら野鳥を見るという贅沢な時間も。これから募金集めがんばります。皆さまご協力お願いします。
■学生バードソンについて
 http://www.fa-net.org/birdathon/2016/
■学生バードソンを運営している
フィールド・アシスタント・ネットワークについて
 http://www.fa-net.org/

<見られた野鳥>
シジュウカラガン 39羽
コクガン     2羽
オオハクチョウ
ヒドリガモ
マガモ
オナガガモ
コガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
シノリガモ
クロガモ
コオリガモ
ホオジロガモ
ウミアイサ
アカエリカイツブリ
アビ
オオハム
ヒメウ
ウミウ
タンチョウ
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
ワシカモメ
シロカモメ
オオセグロカモメ
ウミスズメ
トビ
オジロワシ
オオワシ
コゲラ
アカゲラ
ミヤマカケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ハシブトガラ
コガラ
ヤマガラ
シジュウカラ
ゴジュウカラ
ヒヨドリ
スズメ
ハギマシコ

<観察ポイント>
根室市役所⇒花咲港⇒桂木⇒友知漁港⇒歯舞漁港⇒納沙布岬⇒
温根元漁港⇒トーサンポロ⇒民宿風露荘⇒春国岱駐車場⇒
ハッタリ川⇒根室市役所








2016年11月21日月曜日

161119_根室半島一周_コクガン調査

【根室半島一周の野鳥情報(コクガン調査)】

報告:根室自然野鳥観光推進員S.A

19日は、道東コクガンネットワークのコクガン秋期一斉調査日でした。
根室半島一周部分の調査を担当しました。

 ●道東コクガンネットワーク
  ⇒https://kokugan2014.amebaownd.com/
   過去の調査結果や渡りのルートや亜種についての仮説など
   いろいろ参考になる情報が載ってます。

コクガンは、花咲港で見つけた幼鳥2羽でしたが、
根室港近くの沖を飛ぶシジュウカラガン(78羽)を見ることが出来ました。

そのほか、オオワシや納沙布岬周辺でのアビ類などを見ることが出来ました。

シジュウカラガン        78羽
コクガン         幼鳥2羽
ヒドリガモ
オナガガモ
スズガモ
シノリガモ
ビロードキンクロ
クロガモ
コオリガモ
ホオジロガモ
ミコアイサ
ウミアイサ
アカエリカイツブリ
ハジロカイツブリ
アビ
シロエリオオハム
ヒメウ
ウミウ
オオバン
ミツユビカモメ
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
ワシカモメ
オオセグロカモメ
ウミバト
ケイマフリ
ウトウ
トビ
オジロワシ
オオワシ

コクガン幼鳥  ≪Brent Goose≫

コクガン幼鳥 ≪Brent Goose≫

シジュウカラガン ≪Canada Goose≫

シロエリオオハム≪Pacific Diver/Loom≫
クロガモ ≪Black Scoter≫
ウトウ ≪Rhinoceros Auklet≫ の編隊飛行

 納沙布岬 珸瑤瑁水道のアビ類の移動

オオワシ ≪Steller's Sea Eagle≫

ミツユビカモメ ≪Black-legged Kittiwake≫

シロカモメ ≪Gloucous Gull≫
ワシカモメ ≪Glaucous-winged Gull≫
オオセグロカモメ ≪Slaty-backed Gull≫

シノリガモ ≪Harlequin Duck≫

スズガモ ≪Greater Scaup≫